MEDIA CIRCUS メディアサーカスメディア・サーカス 本にかかわるサービスを提供する会社です。
文字サイズ変更
会社案内事業案内スタッフ掲示板
出版事業 教育事業 飲食事業 イベント事業 ブックソムリエ事業 コンサルティング事業

出版事業

メディアサーカス 書籍紹介 出版事業トップページへ戻る

ご機嫌力で仕事がもっとうまくいく


著者:
出版社:
プロデュース

印刷:
ISBN:
定価:
発行日:

村上力
ロングセラーズ
メディア・サーカス
太陽印刷工業(株)
978-4-8454-2110-7
1365円
2007年7月
 
目次
はじめに

第1章 いま、ご機嫌な人がうまくいく
なんでそんなに楽しそうなの?って言われたモン勝ちのビジネス社会
ワクワクする気持ち、ドキドキする気持ちを大切にしていますか?
できる店長は、スタッフを一糸乱れず並ばせられる
ご機嫌と本気をつくるコンサルという仕事
遊びはご機嫌で、仕事は超ご機嫌で
ピラミッドを三日で作る!
お客さんのご機嫌はスタッフのご機嫌が作る
お客さんにご機嫌を運ぶのが仕事

第2章 お客さんをご機嫌にできたものが勝つ
一+一が三以上の力になるのが本当の組織
人の成功は所属するグループで決まるって知っていましたか?
一人でもできる人、一人ではできない人
コーチといっしょだと“弱き己”と戦える
自分が一番ご機嫌じゃなくて、どうやってお客をご機嫌にできます?
みんな、ご機嫌欠乏症
本当のリーダーシップとは、ついてくる人がご機嫌で成果が出せること
いい人間性がなければ、強いブランドは作れない
心の健康診断が大事になってきた
仲間がいるからがんばれる「チームご機嫌力」のすすめ
仕事に一生懸命で勉強を忘れるな!
お客さんは勉強好き
お客さんの満足は、組織 が勉強するスピードに比例する

第3章 組織をご機嫌にする人材の育て方
「上司」VS「部下」になっていませんか?
ご機嫌で叱る!
「お前らしくないゾ」と原因を叱る
部下のご機嫌のツボ、いくつ知っていますか?
出し惜しみなく、すぐほめよう
部下をご機嫌にする質問
ご機嫌にする質問の極意を習得すれば、指示・命令いらず
質問上手で不機嫌解消
育つ環境があれば人は育つ
個性を生かすトレーニング
教育者という仕事を楽しみながらする
新入社員がなじめる会社を作る
この会社の空気が好き!

第4章 収益を最大限にする「チームご機嫌力」の作り方
問題が発覚した、そのときあなたのチームは青ざめる?それとも喜ぶ?
あなたのチームはバイキンマンカラーになっていませんか?
チームのご機嫌状態を計る三つのタイプ
サービス残業してくれる人、いますか?
昔の会社への愛社精神は、いまをよくしない
抵抗勢力とのあくなき戦い
ロープをつかんでいる、その手を離せますか?
あなたにやってもらいたいことは、それではない
だれもが全員ハッピーになれる瞬間
何事もなきように――のコンサバティブ
社内に根拠なき田園風景が広がっていませんか?
依存はご機嫌になれない
コンサバティブチームをご機嫌にする秘訣
危険と隣り合わせのアグレッシブ
異論反論は進化への肥し

第5章 誰かが笑う、誰かの幸せのためにがんばれる
みんなに迷惑をかけた「仕事は一番じゃなきゃ意味がない」という意識
今、成果を生み出すために必要な「アグレッシブマインド」
組織は一+一の足し算でなく掛け算
この目標にどういう状態でゴールするのか
和こそ大事な力
ただ夢中で、一生懸命で、真剣に
お互いの違いを楽しんでこそ、いい関係ができる
一人じゃないから進化がある、だからこそ組織
やる気があるからご機嫌なんじゃなくて、ご機嫌だからやる気が出る
「ビジョン」とは期限付きの夢

第6章 不機嫌な会社の見分け方・改善法
応援バージョン――あなたの会社、当てはまっていませんか
(1)同業他社に比べ、異常に離職率の高い会社
(2)みんなが同じ目標を持っていない会社
(3)クレーム処理が日常業務の八割を占めている会社
(4)お客さんが来た、そのときどうする?
(5)「ちょっと待って」で一カ月が過ぎる
(6)前例がないことはしない
(7)アイデアよりルールが優先
(8)足の引っ張り合い・派閥争い
(9)会社が田園風景に
(10)話題は外の話が八割
(11)スローガン、掛け声ばかり
(12)お客さんでなく、上司の笑顔ばかり探す
(13)みんなのご機嫌を保つための自分への約束

第7章 よりご機嫌で、しあわせな未来へ
仕事はチャレンジ
意味のある失敗、無意味な失敗
自分の汗が他人の笑顔になるしあわせ感
ご機嫌になれない理由と戦った金融マン時代
初めて自分で到達した株は、みんなを超ご機嫌にする株だった
「あなたは世界へ行きなさい」
成功したければ、ご機嫌でいるのがいい
ご機嫌な人は夢中になる
明日があるさ! の明るさが、いまあるか?
ご機嫌で成し遂げたことへの最高のごほうび、それは
すべての人がご機嫌になれない理由と戦いたい

あとがき

内容
世の中には、いい仕事ができる人とできない人がいる。その差は何か?
何かいつも楽しそうに笑っている人、忙しいのに生き生きしている人、いくつになってもドキドキ・ワクワクしている人。
そういう人がうまくいく。それが「ご機嫌力」。
本書では、特に組織力をあげるための「チームご機嫌力」について語る。部下や後輩の育成に悩む人、必見。
著者紹介
村上 力 (むらかみ・ちから)
ハートアンドブレインコンサルティング株式会社代表取締役。
1968年、千葉県に生まれる。東海大学法学部卒業。英国国立WALES大学(日本校)修了、MBAを取得。新日本証券(現新光証券)を経て、エートス・キャピタルマネジメント代表取締役社長に就任。株式会社日本未公開企業研究所主席研究員、ウエストスフィア・パシフィック社東京事務所ジェネラルマネージャーを経て、現職。

【ハートアンドブレインコンサルティング】
コメント
当初、超スピード出版ということで、約2週間で書く予定のものが、あれよあれよというまにのめりこみ、結果的に半年かかってしまいました。その分、内容がとても濃くなりました。
はじめのころは、概念がわかる、読んで気持ちがいい、というものだったのが、ノウハウの詰まった、ハウツーがわかる、読んで身につくというタイプの本になったんです。
取材で村上先生に教わったことが、直接仕事でも生かすことができ、一石二鳥な本でした!!

出版事業トップページへ戻る

ページの先頭へ

サイトポリシープライバシーポリシーお問い合わせ