MEDIA CIRCUS メディアサーカスメディア・サーカス 本にかかわるサービスを提供する会社です。
文字サイズ変更
会社案内事業案内スタッフ掲示板
出版事業 教育事業 飲食事業 イベント事業 ブックソムリエ事業 コンサルティング事業

出版事業

メディアサーカス 書籍紹介 出版事業トップページへ戻る

100日後、なりたい自分になっている「できる人」の3カ月プログラム




著者:
出版社:
装 幀:
執筆協力:
編集・DTP
印刷:
ISBN:
定価:
発行日:

伊賀拓郎
英治出版
倉田明典
中川和子・児玉伸子
メディア・サーカス
中央精版印刷
4-901234-41-2
1200円+税
2003年12月18日

目次
まえがき

第1章 絶対成功する法則 
1 絶対に成功する理論
2 やりたいことは全部やる!
3 目標の見つけ方
4 なりたい自分への第1歩
5 自分を変えるのは簡単だ!
6 鏡一枚で人生が変わる!
7 答えは自分の中にある
8 自分の弱さに気づけば自信が持てる!
9 自分を信じてあげよう
10 必ず人は見ていてくれる!

第2章 まずは1歩を踏み出そう
1 イヤなことは捨てよう!
2 みんな同じではおもしろみがない!
3 肉親は決まって新しい挑戦に反対する
4 「経験がない」は宝物
5 悲劇のヒロインになっていませんか?
6 天才なんてひとりもいない!
7 自分の気持ちを整理する方法
8 つきあう人を選ぶときの「基準」を持とう!
9 常になにかを意識することで情報は得られる!
10 情報をラクに記憶する方法
11 ビジネス書は実行してこそ価値がある!

第3章 「できる人」みんながやっている習慣
1 人と違うことに自信を持つ
2 アイデアは料理と同じ!
3 アイデアを生み出す方法
4 ブレーンストーミングを活用する
5 「できる人」はアイデアを出し惜しみしない
6 怠慢は、自分のためならず!
7 得意分野を活かすために武器を持つ
8 ポジティブな叱り方と叱られ方
9 お手本となる上司を探せ!
10 「NO」といえる部下

第4章 「カッコイイ」生き方
1 ハンドルは自分でコントロールする
2 給与は自分で決める!
3 個人的な事情を口にしない美学
4 めざせ! 年収1000万
5 仕事も恋もホレたもの勝ち
6 自分の意見を通す方法
7 仕事は理論がすべて!
8 自分の仕事は一二〇%全力で!
9 プロテクション・アンド・エビデンス
10 「できる人」は見た目もカッコイイ!

第5章 いつもeager ――目標を掲げよう
1 いつもeager〜社名の由来〜
2 社員の家族を愛すること!
3 みんなを社員にしたい!
4 人生を変える出逢い
5 大学教授になります!
6 会社は夢を実現するための基地

第6章 「炎の100日間」実践法
1 炎の100日間
2 個人で行う「炎の100日間」
3 チームで取り組んで行なう「炎の100日間」

炎の100日間実践マニュアル

このとても役立つ本の、役立たない、あとがき―――吉崎誠二
内容
「なにをしたらいいのかわからない」
「なにができるかわからない」
そんな悩みを抱えているみなさんへ

この本の中にあるちょっとしたヒントやコツを元に、
100日間を過ごしてみてください。
きっと自分の夢を実現できる人、
仕事のできる人になっています。

誰でもできます。
だって、私にだってできたのですから。

といった言葉ではじまる本書は、『採用の超プロが教えるできる人できない人』の著者安田佳生氏の推薦。
「自分のやり方」を若いままの「自分の言葉」で語っている。
新入社員や入社2、3年目の人におすすめの本。
著者紹介
伊賀拓郎(いが・たくろう)
1972年大阪生まれ。関西大学時代、アメリカンフットボールの選手として活躍。卒業後、鉄鋼商社に就職。その間、独学で経済学・経営学・マーケティングを学ぶ。
その後、数社を経て2003年1月10日「株式会社eager」を設立。現在は代表取締役件デザイナーとして、会社コンセプトでもある「驚き/SURPRISE ! !」を提供し、数々のオフィスリニューアルを手がけている。
【参考】株式会社eager
コメント
DTPが、まだあまり慣れていないころの作品です。この本は、本当に、若いがゆえに完成されていない、そのままの弱さと強さがあるような感じです。高飛車でなく、「あ〜、がんばっているんだ」と素直に感じる自己啓発書です。青臭くいってしまえば、精神論・根性論といったところでしょうか。「自己啓発書はちょっと……。だけど、なんかやる気になりたい」という方に、とくにおすすめです。

出版事業トップページへ戻る

ページの先頭へ

サイトポリシープライバシーポリシーお問い合わせ